さわみや歯科医院

診療内容

一般歯科・小児歯科・口腔外科
審美歯科・その他

歯に関するQ&A

歯は何本あるの?

●子どもの場合 ●おとなの場合
乳歯は全部で20本。一般的には生後8ヵ月後頃に、下の乳歯切歯から生えてくることが多く、そのあと上の乳中切歯、そして前から奥へと順番に生えそろいます。これは、あくまでも目安。赤ちゃんにより生える順番が違ったり、他の子と比べて遅くなることもあります。 全部で32本です。但し、親知らずが上下奥歯の4本ある場合です。親知らずがまったく生えなかった方、またはすべて抜歯された方は28本となります。
歯の平均寿命と磨きにくい部分・平成11年歯科疾患実態調査報告

「8020」ってよく聞くけれど、どんなこと?

8020(ハチマルニイマル)の ”80は(マチマル)80歳という年齢、20(ニイマル)は残っている歯の本数” です。
80歳になっても、自分の歯を20本以上保とうということです。

なぜ20本なのか・・・。

それは親知らず(智歯)を除く、 ”20本以上の自分の歯があれば、ほとんどの食べ物を噛み砕くことができ、美味しく食べられる” と言われているからです。
「酢ダコ」のような、弾力性のある食べ物でも、20本あれば95%の人が美味しく食べることができるといわれているからです。

平成23年歯科疾患実態調査によると、80歳の平均現在歯数は13.9本です。そして、8020達成者は全体の38.3%です。

50歳以上から抜歯数が増加(平成23年歯科疾患実態調査)

通常に噛める時には、噛めなくなったときのことをなかなかイメージできませんが、歯が無くなり、噛めなくなったときには今まで美味しく食べることができていた物が、食べれることができなかったり、食べづらくなっている可能性が高いです。

歯を失う原因はなに?

2005年に行われた調査によれば、歯を抜かなくてはならなくなった原因は、「歯周病(42%)、次が「虫歯 32%」であることが分かりました。その他、破折(歯が折れること、11%)矯正治療の為(1%)の順に続きます。

歯を失う原因

本当は恐い・・・歯周病に関するマメ知識

歯周病ってどんな病気なの?

歯周病の進み方

歯周病とは、歯のまわりの歯茎と歯を支える骨の病気です。
歯と歯茎の境目に歯垢(プラーク)・歯石が溜まると、その中にいる歯周病菌が歯茎に炎症を引き起こします。

ちなみに歯肉炎や初期の歯周炎を含めますと大分県民の88.5%は歯周病という実態調査が出ています。
(平成14年度・大分県歯科医師会・歯周病実態調査による)

大分県民の88.5%は歯周病

歯周病になる要因

●口の中の要因
歯周病になる口の中の要因

お口の中の要因としては、歯石や適合の悪い詰め物や被せ物、強すぎる噛み合わせなどがあります。

●全身的な要因
歯周病になる全身的な要因

喫煙習慣や糖尿病、骨粗鬆症など全身疾患、ストレス、肥満などが考えられています。なかでも、研究により相互関係が証明されている代表的なものは「糖尿病」と「喫煙習慣」で、これらは「歯周病のリスクファクター」と呼ばれています。

歯周病は全身の健康と、どう関わってきますか?

歯周病対策として、パーソナルケアとプロフェッショナルケア

歯周病は進行すると、歯を支えている組織がどんどん破壊され、最後には歯が抜け落ちてしまう病気ですが、それだけではありません。
全身の健康に影響を及ぼすことが、最近の研究で明らかになりました。

歯周病菌は、炎症のおきた歯茎から血管の中に入り、体内の組織に入り込んで血栓を作ったり、血管を細くしたります。米国の歯周病学会の報告では、歯周病にかかっている人が、心臓発作を起す可能性はそうでない人の2.8倍、脳卒中は3倍と言われています。
歯周病のある人の早産の率はなんと7.5倍も高いそうです。

また、重い歯周病の人ほど動脈硬化があることも分かっています。歯周病が私たちの健康を損ねるばかりか、命に関わる全身疾患を悪化させているとしたら・・・。

とっても怖い病気だと思いませんか?
治療をせずに放っておくと、歯周ポケットはどんどん深くなり、細菌の生産工場のようになってしまいます。歯ブラシの毛先は残念ながらその奥にはほとんど届きません。そのため、プロの技術が必ず必要となるのです。

●脳梗塞
重度の歯周病がある場合は、歯周病のない人に比べて脳梗塞を発症する危険が高いことが報告されています。
●誤嚥性(ごえん)肺炎
高齢者、特に寝たきりの方など体力が減弱している人は、嚥下機能も低下しているため、歯周病菌原菌などが肺に進入して肺炎を起す可能性があることが報告されています。
●細菌性心内膜炎
お口の中の歯周病原菌は組織に対して付着能力の高いものもあるため 、心臓の弁やその周囲に感染して心膜炎を起す可能性が高くなることが報告されています。
●狭心症・心筋梗塞
冠状動脈硬化により、狭心症や心筋梗塞などの心疾患になる可能性があると報告されています。
●低体重児出産
重度の歯周病をもつお母さんは、健康なお母さんと比較して低体重児出産の可能性が高くなると報告されています。

歯周病の前兆ってどんなものがありますか?

歯周病が進行すると歯茎の出血や腫れが続き、歯を支えている骨まで破壊され、
歯がグラグラして痛くて噛めなくなり、ついには歯が抜けてしまいます。
そうなるまえにご自分で歯周病になっている可能性がないかチェックしてみてください。

みなさんどうでしたか?
ひとつでも当てはまる項目がある場合は早めに受診してください!

歯周病の治療にはどのようなものがあるの?

歯周病の治療にはブラッシング、スケーリング、歯周外科治療があります。

●ブラッシング
歯周病の治療では、ブラッシングで歯からプラークを取り除くことが重要です。
ブラッシングのコツは歯ブラシの先を、歯と歯茎の境目に当てることです。特に奥歯の裏側のような磨くのが難しい部分は注意して磨いて下さい。
また、必要に応じて歯間ブラシやデンタルフロス、タフトブラシなどの併用が必要になります。当院では、予防を大切にしたいと考えておりますので歯周検査を実施するすべての患者さまに、ブラッシングのアドバイスをさせて頂いております。プラークがどこに残っているかを診させて頂き、適切なブラッシング方法、歯ブラシを選択し、必要に応じて補助器具(歯間ブラシ、デンタルフロスなど)を提案させていただいています。
●スケーリング(歯石とり)
歯茎の内側や中についたプラークや歯石はブラッシングだけでは取り除けないので、歯科医師または歯科衛生士が専用の器具、機材を用いてスケーリング(歯石とり)を実施します。
この治療により、歯茎が下がることがありますが、これは歯周ポケットが減った、つまり歯茎が引き締まったということで、歯周病が治ってきたよい兆候です。また、一時的に歯がしみる症状(知覚過敏)がでることがありますが、薬を塗るなどの対応が可能ですので、ご安心下さい。
●歯周外科治療
重度の歯周病の場合は、スケーリングを行っても治らないことがあります。
その場合は確実にプラークや歯石を取るために、歯肉を切り開いた上でフラップ手術などの外科処置を行います。

患者さんの状態などにより、治療方法は異なります。
また、治療が終了しても、歯周病が再発しないように定期的に歯科医院に受診して、プロフェッショナルケアを受けることは必要です。

検査の種類と内容

当院では患者さんの治療計画を立案するため、治療前、治療中に検査を実施しております。
資料撮り・検査を行うことで目視だけでは判断できないことを読み取ることが出来ます。
皆様のご理解とご協力、よろしくお願いいたします。

口腔内写真、顔貌写真
検査内容1 口腔内写真 顔貌写真
パノラマ
検査内容2 パノラマ(お口の中の全体像を見ます)
レントゲン
検査内容3 レントゲン(パノラマより詳しく撮影できます)
歯周組織検査
検査内容4 歯周組織検査
ブラークコントロール検査
検査内容5 ブラークコントロール検査